Change Language
認証資格取得プログラム グローバルトレーニング
USP5

IPC活用事例

  • 車載部品製造にも採用し、効果を実感

    日本精工株式会社(NSK)は、2016年に、創業100周年を迎えた、ベアリングの老舗トップメーカー。2000年よりIPCを採用し、品質の安定化を実現。導入の経緯と効果について、自動車部品本部・設計品質管理部に話を伺った。

    NSK
    詳細は、こちら
  • NEC宮城から外資系EMSへ。
    組織転換の核となったIPC標準

    セレスティカは、世界トップ5のグローバルEMS。2002年に旧宮城日本電気株式会社(NEC宮城)を買収する形で日本法人が発足。グローバルEMSへと移行した背景には、IPCを活用した国際標準への対応があった。

    Celestica
    詳細は、こちら
  • 自社の強みを「見える化」し、
    グローバル市場で優位性を伝える

    株式会社アドバンテストは、海外売上比率が9割を超える半導体テスト装置のトップメーカー。2年前からIPCスタンダードの活用を進め、グローバル市場で自社の優位性を確立することに成功している。

    ADVANTEST
    詳細は、こちら
  • 車載用エレクトロニクスの品質強化で
    IPCを導入する理由

    ゼネラル・モーターズ(GM)は、2016年、GM とその関連企業は、中国で新記録となる380万台超の車両出荷を記録した。GMの中国における車両出荷台数は、同国マーケットシェアトップを5年連続で維持することに成功している。

    GM
    詳細は、こちら
  • エレキ業界で今何が起きているのか。
    その真相、深層、生命線

    新興国の台頭やテクノロジーによってものづくりの形が変わろうとしている中、世界で戦うために日本の製造業には何が必要か。世界で生きるための「生命線」に、世界的メーカーのシーメンス日本法人のトップと、エレクトロニクスの国際標準規格IPCのトップとの対談で迫る。

    GM
    詳細は、こちら
CLOSE
認証資格取得プログラム グローバルトレーニング
USP5
Change Language