UNI-TESTER

はんだこてテスタ

自動機にも、手作業にも使用できる、はんだこてテスタ

はんだこてテスタ

こて先温度に加え、こて先漏れ電圧、接地間抵抗も同時に測定ができる。(手はんだこてでも使用可能)新IEC-61191-1(Ed3/2018)やIPC J-STD-001Gなど、各種国際規格の最新版に対応済み。

  • はんだ付ロボットのこて先漏れ電圧、接地間抵抗、こて先温度の測定ができるテスタ
  • ロボットへの設置を考慮したセパレート方式
  • シリアル通信により、外部機器へのデータ通信が可能
  • こて先温度の自動オフセットなど、測定値をさまざまな用途で使用可能
  • こて先接地間抵抗の測定範囲は、新IEC-61191-1 (Ed3/2018)対応の0-999kΩ
  • こて先漏れ電圧の測定範囲は、新IEC-61191-1 (Ed3/2018)、JIS-C61191-1、IPC J-STD-001Gに対応
  • 最大値を保持する「PEAK HOLD機能」、漏れ電圧や接地間抵抗をゼロリセットする「AUTO ZERO機能」を搭載

各種規格に対するUNI-TESTERの測定範囲

IPC IEC:国際電気標準会議 JIS:日本工業規格
規格名 IPC J-STD-001G
2017年10月発行
IEC-C61191-1(Ed3/2018)
2018年9月発行
JIS-C61191-1
(2019年以降に変更予定)
こて先漏れ電圧 規定無し 2mV(RMS)以下 2mV(RMS)以下
過渡電圧 2Vピーク以下 2Vピーク以下 2Vピーク以下
こて先接地間抵抗 5Ω以下 5Ω以下および過電流保護の場合
1MΩ以上
5Ω以下

UNI-TESTERの測定範囲。3つの代表的な国際・国内規格に対応