直交型はんだ付けロボット

直交型はんだ付けプラットフォーム:GFシリーズ

ベストセラー卓上型ロボットの使いやすさのまま、フレキシブルな直交型はんだ付けプラットフォームへと進化したガントリータイプのはんだ付けロボット、GFシリーズ。
ラインへの導入や大型基板への自動はんだ付けに最適。

直交4軸はんだ付けシステム

直交レーザーはんだ付けシステム

直交型はんだ付けロボット使用例

コンベアライン

2ステージ

直交型はんだ付けロボットの特長

4軸/3軸直交型ロボット搭載

選べる二つの工法!
こて付/レーザーの両工法に対応

簡単!卓上ロボットの操作感そのままに。
分かりやすい、はんだ付け専用のティーチングプログラム

豊富なオプション
軸長の変更・画像処理・温度計・QRスキャン等

2つの付加軸で最大6軸まで拡張可 (オプション)

Soldering Manager対応
ティーチング、モニタリング、稼働ログの保存が可能

Soldering Manager (ソルダリングマネージャー画面イメージ)

現場から始める、はんだ付けのIoT

Soldering Managerは、はんだ付けロボットの状態を監視し、自動的にデータを収集・保存。保存した稼働データは、さまざまな形で活用可能。高度な知識が不要で、現場から始めるはんだ付けのIoTです。

Soldering Managerはこちら

参考動画

Japan Unix 2019 @ Neocon Japan