スティーブコラム_はんだ付けロボットのメンテナンス

2024年6月6日
スティーブコラム

スティーブコラム!
はんだ付けロボットの「メンテナンス」

目次

資料ダウンロード
\国内外で1,000 社以上の導入実績/ジャパンユニックスの製品・サービスのご紹介資料


テーマ

 みなさんこんにちは。ジャパンユニックス ソルダリングエンジニアのスティーブです。
今回は、はんだ付けロボットのメンテナンスについてお話しします。

実は、不具合の原因で一番多いのはメンテナンスです。

メンテナンスのポイントは3つ。では、一つひとつ見ていきましょう。

こて先状態

 1つめは、「こて先状態」の確認。

こて先にフラックスの炭化物が付着すると、熱を奪われてしまいます。

そこで!
ブラシクリーナーで付着物をこそぎ落としてください。

また、こて先にはんだをつけて保管すると、こて先の酸化防止や長寿命化に役立ちます。

はんだ供給位置

 2つめは、「はんだ供給位置」の確認。

はんだ供給位置がズレていると、安定したはんだ付けができません。

そこで!
ニードルが常に同じ位置に来るように調整してください。これにより、はんだの流れや量が安定します。

こて先温度

 3つめは、「こて先温度」の確認。

実は、表示上の“設定温度”と、こて先の“実測温度”が違う場合があります。

そこで!
“設定温度”と“実測温度”を合わせてください。これにより、常に同じ温度域ではんだ付けができます。

まとめ

 以上、この3つをしっかり覚えてください。

ただし、ロボットやアプリケーションの特性に合わせてケースバイケースでメンテナンスも変わります。
「うちはどうなんだろう?」と悩まれた時は、いつでもジャパンユニックスまでご相談ください。

では、またお会いしましょう!


資料ダウンロード
\国内外で1,000 社以上の導入実績/ジャパンユニックスの製品・サービスのご紹介資料

今回のコラムの動画はこちら